しうかつ。

今の仕事に就いてから約一年が経過しようとしている。職種は金融、銀行員だ。昔は優秀な人間が就く花の仕事と言われていたが、今となってはAIが発達するなら将来性がない、晴れてる日に傘を貸して土砂降りになったら傘を返してもらいに来るような職種、とマイナス評価が多く目立つようになっている。だがしかし、よっぽどの事がない限り僕はこの仕事を辞めたりしないだろう。

 

飲食店でアルバイトするフリーターの時に、「自分がやりたい仕事ってなんだろう」と思って考えたが、漠然としすぎて検討もつかなかった。だったら逆に、「自分がやりたくない仕事ってなんだろう」と考える事にしたら、すぐにでるわでるわ。まず、外に行くような仕事はしたくない。また、重いモノを運びたくない。そして、人手が足りてない職場。主にこの3点から仕事を探すことにした。まず、リサーチとして会社のホームページを見ることにした。誤字脱字があったり、ユーザーインターフェースの悪いページの会社はとことん間引いていくことにした。人事が履歴書を見る感覚で、会社のホームページを見ていった。そこで残ったのが、住販と銀行だったわけだ。そこから二社面接し、銀行を選んだ。

「自分がやりたい仕事をやる」のは、正直オススメしない。現実は甘くないので、絶対にやりたくない事もやらないといけなくなる。「自分がやりたかったのはこんな仕事じゃない」と不満が出たり、それによって「仕事したくない」に繋がって、会社を辞める。なんてことになりかねないからだ。得意分野だから、活躍できる!なんて、思い上がりも甚だしい。そんなのは一部の突出した才能のある人間にしか、なし得ない事だろう。会社のPRを加点する方式で決めると、内状との格差で幻滅、ストレス的な意味で致命傷を負うことになる。だから、「この会社はここが良くない」と、あえての減点方式で間引いていき、最後に残った会社で決めるのが手っ取り早い。

だから僕は、「自分のやりたい仕事はこんなんじゃなかった」と、不満が出る事がない。それが今の仕事のモチベーションにも繋がっているのかもしれない。むしろ「得意分野の仕事が回ってきてラッキー」くらいの気概で仕事をしている。

 

あんまり言いたい事が伝わらないかもしれないけど、今日はこれくらいにしておこう。また暇な時に執筆するとしよう。

とききざ。

サボり気味だった&暇なので久しぶりに執筆する…といってもスマホをポチポチするだけだけども。

 

今回は〜3万円という手頃な値段で買える時計をテキトーに独断と偏見でめちゃくちゃディスりながら紹介する。

 

カシオ

本体の機構が壊れるよりもベルトが先に壊れる時計。ベルトを新たに購入する意欲がある変態以外は使い捨てた方が楽。

 

シチズン

「どこぞの電卓メーカーの時計とは違うんだ!」とニキビ面の高校生がマクドナルドでアルバイトして購入する時計。高校卒業と共に押入れの中に仕舞われる。

 

セイコー

性交とも読めるSEIKOという卑猥な文字がデカデカと文字盤に刻まれている変態時計。童貞がこの時計をはめているのは滑稽すぎる。

 

ダニエルウェリントン

女々しくてオカマみたいなデザインをした時計。メジャーな時計は秒針がないので大雑把な時間しか分からず、時計ではなくアクセサリー感覚ではめる。

 

スカーゲン

付き合いたての大学生カップルが4ヶ月記念日あたりに送り合うような時計。別れてしまった後は八つ当たりのように捨てられる悲しい時計。

 

エンポリオ・アルマーニ

外国かぶれのチャラ男が付けてる時計。文字盤がクロノグラフでぐちゃぐちゃしてて見辛い。長ったらしいブランド名で覚えづらい。

 

カルバンクライン

ドンキのショーケースに陳列されてるドルガバの時計に憧れたDQNが買う時計。デザインがシンプルすぎてオラついても逆にナメられてしまう。

 

タイメックス

ミリオタが好きそうな、見るからに汗臭い時計。夏場はNATOベルトから異臭を放つ、公害に指定されても仕方がない時計。

 

オリエント

「俺は他の若い奴らとは違うんだ」と思い込んでる老害かぶれの若者が選ぶ時計。当然見た目もジジ臭く、同年代の層から好かれない時計。

 

フォッシル

冴えない大学生が買うイビツなデザインをした時計。色白の細い手首に巻きつかれた巨大な文字盤の時計はもはや異形以外の何者でもない、意味不明な時計。

 

ディーゼル

モテなさそうな独身のおっさんが身につけてる時計。この時計を見ただけで色々と察する部分がある。ブランド名からも油臭ささが漂ってくる。

 

スウォッチ

ベルトが芋臭い以外は特に特徴の無い時計。さしあたっては短所もないが長所もない、すぐに飽きる無個性なデザインで次買う時計のつなぎとして使われる運命にある時計。

 

こんなところかなぁ。ラップのディス的なニュアンスで書いてみた。ので、参考にしないでほしい。

 

おすあぷ。

Androidというかgoogle playストアにある、自分が入れてるオススメ?のアプリについて書いていこう思う。iPhoneユーザーの方は申し訳ない。

では、紹介していこう。まずはこのアプリから。

 

アプリ名:google アンケートモニター

月に何回か配布される1分くらいのアンケートに答えるだけでgoogle playのクレジットが10円〜100円ほど貰える、無課金者にとっては優良なアプリ。このクレジットは使用期間が設けられている(クレジット配布されてから1年間)ので、ちょっと気になった有料アプリや課金する際の補助として使うといいかも。僕の場合、大体3ヶ月で500円分貯めることができた。

 

アプリ名:Nova launcher

ランチャーアプリで迷ったならこれがオススメ。ランチャーというのはホーム画面に表示されるアイコンやガジェットの羅列を管理して自分好みにカスタマイズできるアプリだ。ガジェットのサイズを変更できたり、アプリを一箇所に纏めるなど、便利な機能がある。ちなみに540円でプレミア版を購入すると、アイコンに通知バッチを付けることができるから、iPhoneに慣れた人ならこのランチャーは使い勝手があんまり変わらないからiPhoneからAndroidスマホに変えた人はこのアプリを入れると良いかも。僕はこの540円を前述したアプリで稼いで課金した。

 

アプリ名:AVG アンチウィルス

筆頭アンチウィルスソフト。基本的にウィルスを検知するよりも、パスワードやデータのセキュリティのリスクについて知らせてくれたり、ディスククリーン(不要なデータを削除する)やRAMブースト機能がこれ一つで出来る。中華製のスマートフォンにはマルウェア(といっても、googleもやってるようなユーザーの情報収集の範疇)が入っていることがあり、それらを嫌なら無効化したりしてくれる。(無効化するのは手動だが)

 

アプリ名:SIS-パス管理

「あれ、このサイトに登録したパスワードなんだっけ」って事にならないように、あらかじめパスワードやIDをこのアプリに入力しておけばわざわざ色んなパスワードを何回も試して結果、ロックがかかってしまう。という事態を解消してくれるアプリ。Dropboxというアプリも入れておくと、Dropboxに現在のパスワード入力状態のバックアップファイルを送ることができる。

 

アプリ名:Dropbox

たぶん、他のオススメアプリサイトに載っているであろうアプリで2GBのストレージを無償で貰えるアプリだ。

写真や画像はもちろんのこと、ファイルなども保存が出来るしパソコンや他のスマホからでもログインが出来る。人から人へのdropboxに転送も出来るのが便利で、このアプリを使っている会社もあるくらいだ。2GBストレージが増えるってだけでも入れておいて損はないアプリだと思う。

 

アプリ名:Quick pick

保存した画像や写真を開く時のアプリで、その名の通りレスポンスが早く、画像がすぐに表示できる。このアプリも結構有名かな。あると便利。

 

ここからは自分の好みや趣味に関するアプリを紹介していきたいと思う。

 

アプリ名:PayPal

海外通販などで、クレジットカードをそのまま使いたくない人向けのアプリ。海外通販でPayPal経由にするとPayPalに入金→海外通販の商品を買う、と一つ挟んで入金を完了させてくれる。また、海外通販で使えない種類のクレジットカードもこのアプリを経由すると使えるようになる。利点は、不良品が来て返品措置を行ってもらう時にPayPalを通すと円滑に進められる。海外通販は個人店が出品しているケースが多いので、個人店と個人(購入者)間で返品措置をとっても、連絡がつかなかったり遅くなったりするが、そこをPayPalが色々補助してくれるので、円滑に返品措置をしてくれる。海外通販に慣れてないならこのアプリは入れた方が良い。

 

アプリ名:Gear best

有名な海外通販サイト。中国版のAmazonといっても過言ではない。主にガジェット関連を扱っているサイトで、ガジェットはスマホタブレットBluetoothイヤホンやドローンやゲームパッドや腕時計などが格安の値段で手に入る。海外通販なので届くまでに10日〜1ヶ月くらいかかる。眺めているだけで面白いモノがちらほらあるので、ウィンドウショッピングで時間を潰せる。セールも行われているので、気になった商品はブックマーク?を付けて観察するのが良い。

 

アプリ名:Twittnuker

 Twitterの非公式クライアント。アンケート機能は使えないが、呟く・いいね!する・リツイート・写真を添付したポストなどの必要最低限の事が出来るアプリ。利点?としては、公式Twitterアプリに表示されるプロモーションツイートや他人がいいね!したツイートは表示されず、TLにノイズとなるものが発生しない。

複垢を登録することができ、TLや通知やリストの切り替えも設定をいじればスライドするだけで簡単に表示を入れ替えることができる。左端から引っ張ってメインになっているアカウントを確認しないと誤爆してしまう、なんてこともあるので要注意だ。非公式Twitterクライアントの無料アプリは色々試してみたが、一番このアプリが使い勝手が良いと思う。

 

アプリ名:macrodroid

スマホで簡単、マクロが作れるアプリ。マクロについての説明は割愛するが、僕の使い方だと家に帰ってきたら(出たら)マナーモードのが自動でオフ(オン)になったり、スリープ中はWi-Fiのスイッチを切って、画面を着けたらWi-Fiのスイッチをオンにしてくれる、などのマナー機能や節電機能で使っている。

上級者向けの使い方としては、ロック画面のパスワード入力を規定回数間違えるとインカメラが起動して写真を撮り、それを位置情報も添えて所定のメールに添付して送ってきたりしてくれたり、特定のメールアドレスからメールが送られてくると大音量を鳴らして、どこかに紛失してしまったスマホのを音で位置を知らせてくれるようになったりと、色々な使い方をする事ができる。

Androidスマホを使いこなせてる感が出るアプリなので、マクロについて知識があればもっと面白い事ができるかも?

 

 

今日はこんな感じで紹介してみた。

上の6つのアプリは入れておいて損はないかな。

かくすま。

格安スマホについての手引き?というか、自分が購入した経歴?流れ?を書いていこうと思う。疑問符が多いが、前置きやら何やらを書くのを省略してこういう流れで今に至る、みたいなのを書くだけである。

 

まず最初に購入した格安スマホはgeotelという会社のnoteという機種だ。レビューを見て1万円前後で買えるスマホの中ではコスパが良いとのことで、購入。

 

f:id:usuajimaru:20180123023121j:image

 

auSIMカードは他と異なった独自のバンド帯を使っているから使用はできないが、格安SIMdocomoSoftBankの回線を使用している事が多く、僕は各種主要なSNSのデータ使用量がカウントされないLINEのデータSIMの3ギガバイトのプランを選択することにした。LINEはdocomo回線を使っている。

 

f:id:usuajimaru:20180123023715j:image

 

f:id:usuajimaru:20180123023726j:image

 

f:id:usuajimaru:20180123023743j:image

 

LINEのデータSIMにした理由は、単純に回線を信用してなかったからと、念のためすぐ戻せるようにとキャリアとのパイプを持っておこうと思ったから。データSIMだと年単位の契約がないのでいつでも気軽に解約することができるのが利点。

今はデータSIMと5分間通話無料のプランに入っている通話専用のガラスマの二台持ちにしている。それでも両方合わせて月々3000円くらいだ。

他の格安SIMではYouTubeのデータカウントされなかったりするモノもあるが割高だしYouTubeは基本的にWIFIを使って見ることが多いのでLINEのデータSIMを採用した。ここはau回線以外であれば各々の好みで良いと思う。セットアップの仕方はLINEから後々送られてくる資料を見ながら設定した。

ちなみにLINEの通話SIMはLINEのアプリを使えば10分間通話無料になるし、MNPという制度も使える。平たく言えば、今使っている電話番号をこちらに写せますよ、ということだ。

このスマホは通常SIMとマイクロSIMを使用しているが、後々のことを考えるならナノSIMを選択した方が良い。スマホに限っては小は大を兼ねる、と言っても過言ではないからだ。

アマゾンでSIMサイズ変換用のアクセサリは100円前後で買えるが、品質に難ありな事が多いから心配なら3つほど買っても良いと思う。

 

f:id:usuajimaru:20180123024816j:image

 

こんな感じで変換できる。

このスマホは最初からプラスチックの透明なスマホカバーや画面フィルムが同封されているから、アクセサリに関しては心配しなくていいと思う。Amazonではgeotel用の手帳スマホカバーも1500円前後で販売しているから、物持ちが悪い人は買っても良いと思う。使い捨てるなら別にいいかな。

あとはまぁ、容量が16GBでOSやらプリインストールアプリなどで10GBしか使えないからMicro SDも買うのもアリだと思う。

 

f:id:usuajimaru:20180123025048j:image

 

Amazonではこれが最安価かな?もっと安いのはあると思うけど、通信速度?的にはこれが一番だと思う。

 

初期投資は15000円前後かな?WIFI運用ならSIMカードは買わなくていいし、10GBも使わないよって人はMicroSDは買わなくていい。

このスマホをサブ機として使うのはOSの違いからiPhoneユーザーからしたら中々面白いと思うし「自分がやってる事、このスマホのスペックで十分じゃん」と思ったらこっちに乗り換えるのもアリなんじゃないかな。

 

自分は今は指紋認証のある、3GB32GBのミドルスペックの格安スマホを使っている。色々格安スマホについて調べていくうちに、5000円前後で買えちゃうような最低限の機能しかないスマホだったり、バッテリーの量が多く二週間くらい持つスマホや、2メートルの高さから落下させても壊れないような頑強なスマホがあったりと面白いモノが沢山あることに気が付いた。興味が湧いたらこれらのスマホについて調べるといいかも。

 

基本的な流れはgeotel noteとLINE SIMの申し込みパックとSIMカード変換アクセサリを買って、ナノSIMを選択して設定が済んだら後からMicroSDとかカバーを買ったり、元から持ってたMicroSDを使う感じ。

 

今日はこのへんでいいかな、Amazonへのリンクを付ける方法がよくわからないからとりあえずスクショにしてみたよ。

 

 

かそうか。

新年明けましておめでとうございます。

と、前置きはとりあえずしておいて、存在自体を忘れていた感は否めない。要するにサボり。

前置きの前置きは置いておいて、今回は2017年を賑わせていた仮想通貨について色々自分なりに調べたからブログを書こうと思う。グレーゾーンな話題(主観)なので、ツイッターにはあんまり言及してなかったけども…

仮想通貨は母体となる通貨がある(ビットコインやイーサなど)母体というのはその仮想通貨で他の仮想通貨を買ったり売ったりすることができる、ということだ。母体となる通貨は日本の取引所でも円から取引でき、「円」↔︎「母体となる仮想通貨」↔︎「その他の仮想通貨」といったように取引が繰り返されていく。母体となる通貨の価値が下がればその他の通貨も下がるのはこれが理由。 (説明下手か)

仮想通貨は大きく分けて3つある、と思っている。その内訳は

母体となる通貨(ビットコイン、イーサなど)

草コイン(ザイフトークン、ビットゼニーなど)

犯罪コイン(マネーロンダリングに使われる。大麻やドラッグなどを購入できる)

の3つだ。

母体となる通貨は1コインあたりの値段が高いが母体となるが故に続々と新規の仮想通貨が上場するに追従して上がる見込みがあるため、ローリスクローリターンともいえる。ちなみにビットコインは今現在1コインあたり170万円だが、コイン自体は小数点以下、例えば0.00001コイン(17円)からでも買えるので、そこまでハードルは高くないと思える。

草コインは1コインあたり100円〜0.01円程度で取引されるコインで、コインの使用用途やセキュリティ性、コインのコミュニティやコンテンツの活性度で値段が上下しやすい。安いので大量に仕込めるが、コインを大量に買ったまま保持し続けても市場は動かないのでこれが問題視されているケースもある。第2、第3世代のコインもこれに当たるのかな?暴騰すれば宝くじを買うよりも手軽にお金が入るので例えば0.1円のコインを500枚ほど買っておいて寝かせておくのも面白いとは思う。ただし、海外の取引所で扱ってるケースが多いのでハッキングなどのリスクも懸念される。日本での入手の仕方が手間で、日本円→取引所で母体となる仮想通貨を買う→買った仮想通貨を他の取引所に移動する→移動した仮想通貨で草コインを買う、となる。日本円にしたい場合はこれと逆の手順を踏むことになる。

犯罪コインはその名前の通り、ダークウェブ上にあり、一般人がほとんどお目にかかる事はないコインのこと。(大抵の取引所が招待制だったりする)犯罪で得たお金をマネーロンダリングしたり、専用の仮想通貨で大麻やドラッグなどの法に触れる物販を買えたりする。アメリカのカリフォルニアでは今年1月に大麻が解禁されるという事で、物議を醸している。このコインの入手方法はダークウェブ上でしか扱っていないので、そっち方面の知識が無いとまず無理だし、日本人には絶対オススメできない。(そもそも仮想通貨自体オススメできないのだが)リスクしかない。

 

自分は母体となる通貨は0.0〜枚と草コインを4万枚ほど所持している程度の仮想通貨を娯楽程度でしか見ないホルダーだから、専門用語?のマイニングとかブロックチェーンとかに関しては知識としては知っているがイマイチ分かってない。

とりあえず何が言いたいのかわからなくなってきたので今日はこのあたりで。

かくやす。

巷で有名な格安SIM、格安スマホ。両方を使ってみての感想だけど昔(iPhone5S)より使い勝手が良い気がする。といっても今はキャリアのガラケーと格安スマホ(格安SIM内蔵)の二台持ちだけど、料金プランとしてはキャリアの方では機種代金(端折って書くと)で1300円、基本料金1200円、オプションサービス300円、割引で-770円の合計2050円程度に収まる。この中の基本料金には5分間のかけ放題ライトプランが入っている。格安SIMの方ではLINEのデータ通信の月3GBのプランで1110円だ。二つ合わせて大体3000円くらいである。

二台持ちとキャリアに片方入っているから少し割高感はあるが、iPhone5Sの時代には8000円近く払っていたので5000円ほど毎月浮いている。

 

ここまで書いて疲れてしまった… ツイッターの方で動画やら画像を載せようと思う。

こばなし。

あるところに、天才科学者が太陽の光を身体に浴びるだけで生きる分に必要な栄養素を体内に発生させることの出来る薬を発明した。その薬は世界に瞬く間に広まり、人類は薬を飲んで働く事を辞め、動く事も辞め、ずっと太陽の光だけを身体に浴び続けていた。そのうち人類は太陽の光を効率良く浴びる形状、光を浴びる際に最も良く光を吸収できる色に身体が変化していった。しかし、このまま動かなくては子孫を残せなくなる。人類は薬を飲んでいない生物に生殖器を刺激させて、その生物の身体に繁殖に必要な物質を着けられるように更に身体が変化していった。勿論その生物にもメリットがあるように、その生物が最も好まれる成分を生殖器周辺から分泌するようにもなった。

これが後の植物である。

 

あるところに、死ぬと死んだ直前の5秒前に戻って生き返る魔法を発明した悪の魔法使いが居た。当然殺しても死なないので、この悪の魔法使いを生け捕りにした王国の兵士たちは手を焼いていた。このまま牢屋の中で生かしておいて、老衰で死ぬ事になったらずっと檻の中で時間がループしてしまい、牢屋が一つ使えなくなってしまうと考えた学者が、国の中で一番高い崖の上から悪の魔法使いを突き落とす事にした。崖から地面に転落死するまで5秒以上かかり、何度も何度も悪の魔法使いは転落死を繰り返す事になる。しばらくして、悪の魔法使いが転落する地点に大きな水路を作った。魔法使いが転落すると、衝撃で水路の蓋が開く仕組みだ。悪の悪の魔法使いが720回転落すると水路の水が一杯になり、重みで耐えきれなくなった水車が1回転する。水車が1回転すると鐘が鳴る仕組みだ。12時を告げる鐘が今日も鳴る頃、落ち続ける悪の魔法使いは生き返る度に「こんなことで俺を殺せるわけがない」とタカをくくり、今日も笑いながら転落し続けている。

時計の中で、悪の魔法使いのような立場にいる歯車が今も時を刻んでいるのかもしれない。