りあたい

よくツイッターを見て思うのは、その人自身が好きなのかコンテンツとして好きなのかを同一視して、何やら偶像崇拝の対象として1個人を崇め讃えるような風潮があって、それ自体は特に何とも思ってないけどツイッターのこのアカウントでは本音を言ってる、と思い込んでしまう人たちが居るのがちょっと怖いなぁと思う。

僕自身もあまり現実と乖離しないようなフェチズムや嗜好について呟いてるけど、わりと誇張した表現であったり「これは自分の現実のパーソナリティじゃないな…」と思うことも呟く事がしばしばある。

……なんかここらへんで書きたい事を見失ってきたから話を変えるけど、僕自身ツイッターでは「あまり目立たずに細々と呟く、しめった石の下に居る日陰者」みたいな立ち位置に居たいと常々思っているから(卑屈や自虐的な意味ではない)あんまりRTをされると住処にしていた石をめくられて日の元に照らされるような感じがしてイヤってほどではないけど少し肩身が狭く感じる時がある。ツイッター、あんまり実は自分に合ってないとか…?まぁ、楽しければいいか。

 

これはどうでもいいことだけど、なんとなくタイトルは四文字で統一したい。