なれあう

思春期の多感で多難な時期にインターネットを始めて、某サイトで「『死ね』が挨拶」と揶揄されるような殺伐とした環境に身を置いていたことから、あんまりツイッターでは馴れ合う事がしたくないけど憧憬はある、みたいな宙ぶらりんな状況で、必死に「馴れ合いはしたくない」側にしがみついてる状態になっている気がする。

なんとなく散見されるやりとりを見て思ったのが、個人的だったりプライベートな部分から一歩引いた「フォロワー以上友達未満」な関係を求めている人が多い印象を受ける。人とコミュニケーションはとりたいけど1つの共有したテーマにだけ話題を提起して、それ以上奥まった話はしない、みたいな関係だ。

これは偏見だけど、こういう人たちはネトゲに向いてる反面、ギルドやクランでたまに現れる「ギルド(クラン)クラッシャー」(いわゆる姫やら引退詐欺マン)にはめっぽう弱そうに思える。

あとこれは経験談だけど、こういう事で一度瓦解すると復元するより消した方が早いから、人間関係の脆弱さや薄情な部分が見えてしまい、嫌気がさしていつの間にか消える、という行動を起こしてしまうのが僕みたいなネトゲにあんまり向いてない人種なんだと思う。

 

なんか今日だけで沢山更新してるけど「1つにまとめた方がよかった」「話のテーマ?ごとに区切るのがツイッターに毒されてる」「今日2回も更新したからしばらく休むって考えになりそう」とか色々反省点?はみつけられたような気がする。あと、あんまり自分に自信がないから「多分」とか「気がする」を多用してる。上の方にも気がするとか書いてるし。

あとどうしても筋道を立てて話すのが苦手だし話が飛び飛びになっちゃうし過去の文書を推敲するのも面倒だから、同じ話をループするような気がしなくもなくない。今日はこのへんで寝たい。