かそうか。

新年明けましておめでとうございます。

と、前置きはとりあえずしておいて、存在自体を忘れていた感は否めない。要するにサボり。

前置きの前置きは置いておいて、今回は2017年を賑わせていた仮想通貨について色々自分なりに調べたからブログを書こうと思う。グレーゾーンな話題(主観)なので、ツイッターにはあんまり言及してなかったけども…

仮想通貨は母体となる通貨がある(ビットコインやイーサなど)母体というのはその仮想通貨で他の仮想通貨を買ったり売ったりすることができる、ということだ。母体となる通貨は日本の取引所でも円から取引でき、「円」↔︎「母体となる仮想通貨」↔︎「その他の仮想通貨」といったように取引が繰り返されていく。母体となる通貨の価値が下がればその他の通貨も下がるのはこれが理由。 (説明下手か)

仮想通貨は大きく分けて3つある、と思っている。その内訳は

母体となる通貨(ビットコイン、イーサなど)

草コイン(ザイフトークン、ビットゼニーなど)

犯罪コイン(マネーロンダリングに使われる。大麻やドラッグなどを購入できる)

の3つだ。

母体となる通貨は1コインあたりの値段が高いが母体となるが故に続々と新規の仮想通貨が上場するに追従して上がる見込みがあるため、ローリスクローリターンともいえる。ちなみにビットコインは今現在1コインあたり170万円だが、コイン自体は小数点以下、例えば0.00001コイン(17円)からでも買えるので、そこまでハードルは高くないと思える。

草コインは1コインあたり100円〜0.01円程度で取引されるコインで、コインの使用用途やセキュリティ性、コインのコミュニティやコンテンツの活性度で値段が上下しやすい。安いので大量に仕込めるが、コインを大量に買ったまま保持し続けても市場は動かないのでこれが問題視されているケースもある。第2、第3世代のコインもこれに当たるのかな?暴騰すれば宝くじを買うよりも手軽にお金が入るので例えば0.1円のコインを500枚ほど買っておいて寝かせておくのも面白いとは思う。ただし、海外の取引所で扱ってるケースが多いのでハッキングなどのリスクも懸念される。日本での入手の仕方が手間で、日本円→取引所で母体となる仮想通貨を買う→買った仮想通貨を他の取引所に移動する→移動した仮想通貨で草コインを買う、となる。日本円にしたい場合はこれと逆の手順を踏むことになる。

犯罪コインはその名前の通り、ダークウェブ上にあり、一般人がほとんどお目にかかる事はないコインのこと。(大抵の取引所が招待制だったりする)犯罪で得たお金をマネーロンダリングしたり、専用の仮想通貨で大麻やドラッグなどの法に触れる物販を買えたりする。アメリカのカリフォルニアでは今年1月に大麻が解禁されるという事で、物議を醸している。このコインの入手方法はダークウェブ上でしか扱っていないので、そっち方面の知識が無いとまず無理だし、日本人には絶対オススメできない。(そもそも仮想通貨自体オススメできないのだが)リスクしかない。

 

自分は母体となる通貨は0.0〜枚と草コインを4万枚ほど所持している程度の仮想通貨を娯楽程度でしか見ないホルダーだから、専門用語?のマイニングとかブロックチェーンとかに関しては知識としては知っているがイマイチ分かってない。

とりあえず何が言いたいのかわからなくなってきたので今日はこのあたりで。